鶴蒔靖夫のページ
Profile赤い点線
鶴蒔靖夫プロフィール
新刊本紹介赤い点線

コーア商事グループの挑戦

ジェネリック医薬品メーカーのベストパートナー

商社機能とメーカー機能を併せ持つ医薬品業界のイノベーター、
コーア商事グループ躍進の軌跡。
定価:本体1,800円(+税)
発行日:2019年3月10日
(ISBN978-4-87218-452-5 四六判/上製 224頁)
目次
 はじめに
 
 第1章 超高齢化に悲鳴をあげる日本の医療
超高齢社会に突入した日本
長寿化を支えた国民皆保険制度
間近に迫っている「2025年問題」
医療費の膨張を助長する「過剰医療」
医薬分業の推進で医療費抑制を図る
地方包括ケア体制で在宅医療の実現をめざす
薬価引き下げで薬剤費削減を狙う日本政府
ジェネリック医薬品は医療費抑制の切り札となるか
 第2章 ジェネリック医薬品業界の現状
新薬と同じ効能が保証されているジェネリック医薬品
ジェネリック医薬品が新薬よりも安い理由
抵抗感の少ないオーソライズド・ジェネリックの登場
拡大するジェネリック医薬品市場の今後
薬価引き下げに揺さぶられる医薬品業界
競争激化で経営が逼迫する中小メーカー
より大きな市場を求めて進む海外展開
淘汰・再編の動きが加速するジェネリック医薬品業界
 第3章 ジェネリック医薬品のベストパートナー
低価格化に翻弄される業界の支え手に
商社機能とメーカー機能を併せ持つ強み
事業の柱はジェネリック医薬品原薬の輸入
低価格化に対応するために中国との取引を強化
海外との関係強化のためにコーア商事の社長に復帰
創業当初から設置されている「医薬分析センター」
自社倉庫を東西に設置し災害リスクを分散
海外サプライヤーと連携した「SIセンター」を設置
ジェネリック医薬品メーカーの負担を軽減する特許調査
 第4章 第2の事業の柱である医薬品製造事業
伸びしろの大きいジェネリック注射剤分野に特化
さまざまな種類がある注射剤
高薬理活性領域の注射剤が輸入に向かない理由
ケミカルカテゴリー5の新工場建設で安心・安全を徹底
抗がん剤など高薬理活性製剤に注力するシンボル工場
抗がん剤廃棄を減らす小規格包装に期待
60年以上にわたって培ったコーアイセイのノウハウ
医薬品の包装を受託するコーアバイオテックベイ
ビタミン剤を中心としたOTC薬を製造販売するコーア製薬
 第5章 創業社長・首藤利幸の経営理念と人生哲学
医学部進学を断念し、薬科大学を卒業
カナダで語学力を磨き、帰国後は日本モンテジソンへ
興亜製薬の軒を借りるかたちで起業
資金繰りに苦労しながらも重ねた実績
グループのシナジー効果でさらなる発展を図る
企業を存続させるために欠かせないイノベーション
「ニュービジネスモデル・イノベーション」を推進
東証二部上場を果たし、新たなるステージへ
社会に必要とされる企業であり続けるために
 第6章 コーア商事HDグループが描く未来
超高齢社会ゆえに期待されるコーア商事HDグループ
原薬事業のさらなる進化と拡大に向けて低価格化を実現
長期収載品やオーソライズド・ジェネリックへの原薬提供にも注力
人口減で変わる医療のカタチ
グループの未来を担う若い世代に望むこと
伝承したいプロフェッショナルたちの高度な技術
いずれは蔵王に第2工場、第3工場を
2050年を見すえて布石を打つ
コーア商事HDグループの未来像

知恵ある経営者は「しくみ」で儲ける

強い人材、新しい事業を生み出し続ける経営の極意

建設、太陽光発電、ホテル、メガスーパーカー、農業、美術……。
まったく分野が違う事業へ参入し、成功し続ける、
芝浦グループ会長兼CEO・新地哲己はなにをめざすのか。
 
定価:本体1,800円(+税)
発行日:2019年4月13日
(ISBN978-4-87218-453-2 四六判/上製 248頁)
目次
 はじめに
 
 第1章 真の経営者とは「知恵を出す者」である
絶えまのない変化を求める
知恵について
経営者とはなにか
芝浦グループの全体像
強い熱意を持つ
成功の条件は日ごろの行い
変化を恐れない
 第2章 経営者は「金の活かし方」を知っている
その金を上手に使いきれるかどうかは腕次第
知恵が生んだ分譲方式の「みやま合同発電所」
銀行も悲鳴をあげるほどのスピードで
金は使わなければ暴走する
むだだと思うことには使わない
自分だけ儲けてはいけない
10億円までなら失敗しても大丈夫、思いきってやってみろ
金と女は追うな、追われるような人間になれ
太陽光発電をめぐる複雑な現状
売電からメンテナンス事業へ
 第3章 経営者は「誰もやらないこと」をやる
「誰かがやったこと」をやるのは「挑戦」とは言わない
T 日本初のメガスーパーカーの製造に挑戦
   大盛況だった「メガスーパーカーモーターショー」
   芝浦ブランドのスーパーカーは7億円で限定50台
   常設展示施設と専用サーキット場も提供
U アグリビジネスへの挑戦
   キウイフルーツの生産を開始
   ゼスプリのブランドで国内市場に幅広く
V 世界初・水蒸気金属反応方式による酸化マグネシウム製造
   1兆円産業も夢ではない
   夢を叶えるために大きな投資を
W 世界初の美術品をプロデュース
   光と音楽と絵画を一体化した総合芸術「ART GRAGE」
   ここでしか買えない絵画だから、価値もいっそう高まる
   「この世に存在しないもの」への挑戦
 第4章 経営者の仕事は「しくみ」をつくること
価値のあるホールディングス体制とは
「地球環境を守ろう」をグループ会社の中心理念に
入り口から出口まで、他に例のない自社一貫体制
「身内商売」に儲かるしくみが秘められている
芝浦グループは「連合体」、だから強い
日本初の全戸個別供給型太陽光発電付きマンションが飛躍のきっかけに
ホテル事業への挑戦にも成功
美容・健康事業を着実に展開
常に「つながり」を重視する
会議で業績の話はしない
金策の心配をせず100%仕事に専念できる
最初に役職を与え、実力のある者をどんどん伸ばす
成長のしくみは完成形に近づいている、若手を早く社長に
 第5章 時代に先駆け、挑戦し続けた40年
新しいドラマが始まるとき
アイデアマンだった父親
父親の自殺未遂と貧しい日々
貧しさのなかでも母親は「人の道」を説き続けた
特待生から高収入のアルバイトへ、浮き沈みの激しい高校時代
給料がいちばん安い店に就職し、給料の100倍を稼ぐ
24歳で独立し驚異の売上を叩き出す
成功直後に襲った先物取引の地獄
人の言うことを素直に聞いてどん底から這い上がる
ここぞというときに「最も必要な人」が現れる
家を出て、孤独に耐える
芝浦特機のスタート、空調設備専門業者として独占状態に
世界初の「太陽光発電と不動産の融合」
業態変化をするたびに大きく成長
いつかこんな時代が来ると思っていた
 第6章 常識を超え、未来を変える
1兆円企業をめざして東京に進出
10階建て本社ビルにはスーパーカーの展示場も
数兆円産業になる可能性もある大容量キャパシタの開発
バイオガス発電所を全国に建設
社員のプレゼンコンテストをきっかけに家賃債務保証業を開始
保険会社をハワイに設立
グループを牽引するカリスマ経営者として
女性を輝かせてこそ本当の男
新地も舌を巻く発想力
寝ているあいだに龍の使いで天啓がやってくる
仕掛けの年、社訓「計画・努力・進歩」そして「成功」
多くの人に活力と夢を与える企業に



鶴蒔靖夫の既刊本へ up


Copyright (C) 2001-2018 INTERNATIONAL NEWS CO.,LTD. All rightsreserved.